石垣島移住した元サラリーマンの日記です。石垣島移住のノウハウ、引越方法、就職事情を中心にお届けします。

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
石垣島の住宅事情、今回は少しミクロな視点で。
日本全国、賃貸アパートのお風呂やトイレは一緒だろ。と思っていたらこちらは少ーし事情が違ってた。このあたりをテーマにしたいと思う。

沖縄のお風呂

我が家の風呂場だ。
(1)風呂場
上の写真は賃貸マンションの風呂場。特に変わったところが無いようだけど・・・「湯船」がありません。シャワーのみ。温暖な気候のせいか、こちらでは、これがメジャーなのです。もちろん湯船付きの物件もあるけどね。「湯船」フリークの方は、こちらで部屋探しするときに特に指定しないと、こうしたお風呂がメジャーなので注意!

俺も 「えー、仕事終わったら湯船につかって「プハーッ!」でしょ。」と思ってたけど、一週間で慣れました。(笑)
あ、そうそう床もタイル張り、またはコンクリート張りなのだ。都市部賃貸は樹脂製のユニットバスがメジャーだけど。この辺も違うところかな。


(2)トイレ
賃貸マンションのトイレ。都市部では「乾式トイレ」がメジャー。でもこっちは「湿式トイレ」なのだ。

乾式トイレ = こぼれたオシッコは拭き取る。
湿式トイレ = こぼれたオシッコは水で流す。

造りとしてはトイレに手洗い用とは別の水道栓がついていて、そこにホース等をつかって掃除するのだ。当然トイレの床はタイル張りで、水で洗い流せるよう排水口が着いている。予備知識なしでトイレの低い位置についている水道栓をみると意味がよく分からないかもしれない。
手洗い用とは別にある。

不動産屋さんに聞くと最近は、樹脂・乾式の都市型の賃貸も増えているので、そちらがいい人は探してみよう!

まぁ確かに細かい所ではある。でも住み始めた時に「んっ」と思ったことは、こうして書き留めておかないと、すぐに「普通」になってしまう。ブログライターとしては注意が必要なのだ。

風呂桶が無い分建築コストが安いかもしれない。でも湿式トイレやタイル張りにして防水を考えるとコストがあがるのか?石垣島の家賃の高さとの関係が気になるところだ。

(今日は詳しく)
ここをクリックすると、沖縄県のブログランキングが見れます。
皆さんにクリック戴くと、このブログの得点があがります。
おかげさまで、やっと2桁台に浮上できました。
これからもよろしくお願いします!
  ↓  ↓  ↓  ↓
沖縄県人気blogランキング

関連記事
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/05/12(金) 13:21 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bluecorel.blog63.fc2.com/tb.php/35-cb895993
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。