石垣島移住した元サラリーマンの日記です。石垣島移住のノウハウ、引越方法、就職事情を中心にお届けします。

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
移住参考書と感想です。


沖縄極上100ビーチ


ビーチ好き必見。本島?八重山をカバー。砂質・広さ・シュノーケルの楽しみ方まで。情報源としても、読み物としても楽しめます。



南の島で、暮らそうか!


移住希望者全てにオススメ。島の部屋探し、就職、文化等、移住ノウハウが凝縮。移住ブームでこの本ブームにならんのは著者の名前のせいなんか?



沖縄・離島情報〈2006年度版〉


本島情報に誌面を割く本が多い中、離島に的を絞り島毎に充実した記載。レジャーだけでなく自然の楽しみ方の記載があるのがGood!写真も秀逸。



やえやまGUIDE BOOK
 ―南国世果報体験 (〔2005〕)



移住前に調査用に購入、移住後も時折参照するほどの情報量。ガイドだけでなく八重山の文化・歴史も詳しく記載されてます。



沖縄のサンゴ礁を楽しむ
 磯の生き物



沖縄の珊瑚礁で子供と遊ぶならコレ。フリガナ有。カニ、エビ、珊瑚、貝、魚等 干潮時を調べれば子供と夢中に。石をどかすとハゼとエビが一緒にいるのはなぜ?お父さん?



親子で楽しむ
  沖縄の自然たんけん



子供と沖縄の自然を楽しむならコレ。フリガナ有。マングローブの林を楽しもう!タイドプールに出掛けよう!食べられる海の幸・山の幸等、子供の興味を引き出す巧みな記述が好きです。



南国の楽園 石垣島 温暖で美しい自然が残るこの島は新離島桟橋の開港・新空港の建設など今後の発展が期待されてます。

また島ですが、大型病院・スーパー・インターネット環境・学校(小中高)・コンビニ・ファーストフードまで 生活の不自由を感じることはありません。

市街地の隣には綺麗な海や山。冬から春は アーサやモズク採り、夏は海水浴、秋冬は釣りやタコ取りと自然と触れあえます。これ程都市と自然の調和が取れた街は珍しいでしょう。

生活の多様化、老後生活の充実など島への移住を決意する方も多くなっています。でも石垣島への移住を決意したのはいいけど、どうやって・・・?

そうです。生活基盤を動かすのは想像以上に大変です。会社の辞め方、失業給付はもらえる?引越方法、就職事情は? と悩んでる人も多いはず。

私の移住体験をもとに石垣島移住に役立つ情報を掲載しています。

石垣島に移住する。
子供がいると当然、転校手続きが必要になる。

転校手続きなんて本土でも石垣島でも、同じだと思うけど、引越時は意外と忙しくて、後回しになりがちだ。小中学校は義務教育、なるべく隙間を空けずに登校開始しなければ、いけないのだ。

俺も幼き頃に転校した記憶があるけど子供ながらに緊張するものだ。
親は過保護になる必要はないけど、必要最小限のことはスマートにこなして、子供の緊張を解いてあげて欲しい。親がせっぱ詰まって焦っていては、子供もそれを感じ取ってしまう。

ということで、今回は 子供の転校手続きについて簡単にまとめてみた。

[石垣島 小学校への転校]の続きを読む
石垣島への下見旅行。

我が家も調査目的で、下見旅行に行った。
当然節約モードなので高級リゾートホテルには泊まれない。
1人なら、¥1000ぐらいのドミトリーでもへっちゃらだけど、家族3人になると事情は変わる。

個室がいいし、レンタカー借りたら駐車場もいる。でも、飯は近所のスーパーで買えばいいし。ついてなくても、いいんだよなぁ。

できるだけ、安いとこ、ないの? 

と探してきめたのが。このホテルでした。
[石垣島のホテル]の続きを読む
石垣島の梅雨。

移住して初めての我が家は、明けたのかまだ梅雨なのかよくわからない。大阪にいたときは、

「あ?、今って梅雨だよねぇ」

って明確な梅雨時期ってのがわかった。それぐらいに本土の梅雨って長いこと雨が降る。特に雨の時の通勤は大変なので、「梅雨」のイメージは強く残っている。

でも、こっち石垣島では、晴天から「ざぁざぁっ!」 とふったり、ぐずぐずと曇天が続いたりと、「ん、今、梅雨なの?」ってかんじだ。

インターネットで石垣島の梅雨について調べてると面白いサイトを見つけた。夏の旅行を計画中の人も役立つ、そのデータとは・・・
[石垣島の梅雨]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。